進学塾に通って大学受験対策をすると合格しやすいの?

進学塾の大学受験マニュアルとは?

進学塾の大学受験マニュアルとは?

進学塾の大学受験マニュアルといえばかつては暗記科目は受験直前に行うというものでした。

暗記科目を早めにやっても結局忘れてしまうしそれよりも忘れ難い論理的な能力を必要とする数学や国語の現代文などを始めに行っておくということは、ひとつ筋道立っているわけです。

しかしそれは現在変わってきています。暗記というのは一度行っておけばもちろん忘れてしまうとは言え、その後思い出しやすくなるのです。

ですのでさっさと一通りまず覚えてそれから忘れてしまえばいい、そして模試の前日などに一挙に総ざらいするという風に変わってきています。

もちろん受験の前日もそうです。必ずしも記憶力を必要とすることを後回しにすることが必勝法ではないと最近は言われています。

進学塾にはいつから通いだす?

進学塾にはいつから通いだす?

近年、低年齢化している塾通いですがいつから進学塾へ通い出すのが良いのでしょうか。

まず、それぞれの時期の通塾状況ですが、幼児は幼児教室、お受験教室、子供英語、子供スポーツなどの学校関係以外にも多様にあり子供の成育のためにスポーツだったり芸術や音楽などに触れることは感性を養うために大事なことなので余裕のある方が通わせている傾向です。

小学生は低学年から4年生の通塾が年々増えていますが、高学年の通塾はそれほど増えていません。

中学生では学年が上がるに連れて通塾率が高いです。高校生は志望大学に合わせたカリキュラムや授業形式選びが重要で通塾率は各学年ともに平均35%程度です。

いつから通いだすということではなく、その子供の才能を伸ばすための塾ですから本人が習いたいと行った時が通塾の適正年齢なのです。

進学塾で大学受験合格の道のりとは?

進学塾で大学受験合格の道のりとは?

進学塾で大学受験合格への道のりは、基本的に講義を受けて学習をして、模試で自分の今の成績を確認して自分の受験する大学に相当する実力があるのかどうかを確認します。

不足しているところを補っていくという事を繰り返していくのが、道のりという事になるでしょう。つまり、勉強をしてテストを受けて弱点を見つけてそこを補強していくという事をしていくわけです。

そのため、学校の様な受験とは関係ないことはほとんどする必要が無いので効率よく受験に専念することが出来るということが言えるでしょう。

目的を明確に定めることが出来るので、それに向かってモチベーションを上げる事も出来て、成績が上がれば目標を変更してさらに上を目指すということも可能です。